FC2ブログ
--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010. . 28

履歴書を送ったが.......

先日、やった! これけっこう私にむいているのでは(?)と思う仕事の広告をネットで発見。 ヤッホ~

ネット求人には「申請書提出」とあったのですが、画面上どこにも「申請書」おぼしきものがみあたりません。 メールで確認をとると、『履歴書でいいからおくるように』との指示。 さっそく準備しておいた履歴書を”このアドレスにおくるように”に添付し、送信をクリック、ホッと一安心。

この日のために『履歴書の書き方』のコンサルタントを受けていたので.......これで面接にこぎつけると少し自身があったんですよね。  

それに仕事の内容も私の仕事経歴からすごくはずれていないし.....けっこう「もしかすると」と期待しました。 

正直言って最高の候補者ではないけれど、履歴書を送ってみるまでわからないですよね。

翌日さっそく履歴書を送ったさきから電話がありました。 「はいはい、なんでしょうか?」もう期待で胸いっぱい

そこで分かったこと。 わたしが履歴書を送ったこの会社は求人広告を出している会社ではない。 この会社は求人広告を出している会社と契約を結んでいて、送られて来るすべての履歴書に目を通し、そこからこれぞと思われる何人かの候補者をよりすぐり、それらの履歴書を会社に送る、が仕事。

電話でいくつかの質問をされ、「では、あなたの履歴書を会社に提出します。 あちらから面接の連絡が入るかもしれません」と言われ、わたしの胸はいぜんにもまして期待と喜びで、『フッフッ』と笑いたいほど。

しかし、求人の締め切りが過ぎたのに会社から連絡がない.........なぜだ? 

”私は選ばれなかったんだ”と自覚するまで少し時間がかかりました。 そして、始めてとても重大なことに気がついたんです。

それは Cover Letter.  なんと私、うかつにも Cover Letterを履歴書に添付するのを忘れていた! 

アメリカでは履歴書を送る時にはCover Letterの添付は常識。 その常識をうっかり無視した私。 とうぜん面接までこぎつけなかった。 勉強になりました。 次回はきをつけるぞ  


スポンサーサイト
2010. . 17

上手な履歴書の書き方 #2

先日、また私の履歴書の書き方を助けてくださるコンサルタント、Mr. Fizgeraldに会いに行きました。

予約は4/14、水曜日、1pm。今回の訪問で彼のオフィスを訪ねるのは3回目。

すでに3回もコンサルトをしていただいているのですが、私の履歴書はいまだに未完成。
flag


未完成の理由はいろいろあります。
第1の理由は私の履歴書の書き方がへたの一言につきると思います。
第2はMr.Fizegeraldはいつも予約でいっぱい。1月に1回、予約が取れればいいところ。だから頻繁に相談もままならず。
第3は1回の予約が1時間と短い(?)。そのぶん前進もゆっくりです。

では、いったい履歴書コンサルタントはどのように助けてくれるのか、簡単に説明します。
 まず、履歴書にざっと目を通す。
 履歴書上にある最近の仕事からその内容を詳しく聞く。
 「◯◯◯」であったと書いてあるが、仕事のもっと詳しい内容は? どんなことをしたの? その仕事で何か成果はでたの? どのようにして成果を導いたの? なぜこの単語を使ったの? などなど、質問攻めにあいます。
2~3の質問を基礎に、もっと的確な単語の選択と自分の経験と能力を最大限アピールできる文書の書き方を教わります。

上記を履歴書上にある全ての仕事を対象に1つ1つクリアしていきます。

今回はここまで。帰えりぎわに 『次回はSummary』を書いてきてねと、「宿題が」でました。

あ~、苦手。 Summary(履歴書の要約)だけは逃れたかったのに。

次回の予約は5/10、月曜日。それまでまた頭を悩ます日々がつづきます。





2010. . 27

上手な履歴書の書き方 # 1

履歴書、地震、
ニュースで沖縄で地震があったと聞きました。被害がなければいいのですが。

きのうは朝から一日中忙しい日でブログを書く時間がつくれませんでした。

何がそんなに急がしかったかとゆうと、、、以前から登録していた”上手な履歴書の書き方”のクラスを受けに行ったからです。あせってはいないのだけれど「そのうち仕事でも見つけようかな」との思いがあり、今からぼちぼち準備をと思ってます。

日本はまだまだ不況から回復できず、非雇用者が多いと思いますが、アメリカも同様です。ニュースでは毎日のように失業率とビジネスの回復率が数字で伝えられ、それを聞く限りでは経済はゆっくりですが上昇しているようです。

中国経済
そう言えば2~3日前のニュースでアメリカが一番多く借金をしている国は日本と中国だと言っていました。世界でこの不況から回復した国は中国だけだとか。中国の経済は恐れを知らない伸びですね。

”上手な履歴書の書き方”のクラスが始まったのは朝ゆっくりめで10:30開始。おおよその場所は分かっていても遅れては行けないと思い(当然ですよね)とても早めに家をでました。Metroで30分そこそこしかかからない距離を1時間以上も前に家を出発。私って心配性なんですね。

MetroとはワシントンDCに走っている地下鉄です(と言っても地上を走っている部分はとても長いです)。参考のためにマップをリンクしまし。クラスの場所はFoggy Bottom(オレンジ線)駅から南に、国務省がある方向に歩いてさほど遠くない場所です。私はUnion Stationからの乗車ですから6つ目の駅。DC Metro Map

昨日は午後からすごい突風が吹き出し、クラスからの帰りは”おお~さむ”と肩をすくめて歩き、きょうは肩こりです。

flag



 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。