FC2ブログ
--. . --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010. . 28

履歴書を送ったが.......

先日、やった! これけっこう私にむいているのでは(?)と思う仕事の広告をネットで発見。 ヤッホ~

ネット求人には「申請書提出」とあったのですが、画面上どこにも「申請書」おぼしきものがみあたりません。 メールで確認をとると、『履歴書でいいからおくるように』との指示。 さっそく準備しておいた履歴書を”このアドレスにおくるように”に添付し、送信をクリック、ホッと一安心。

この日のために『履歴書の書き方』のコンサルタントを受けていたので.......これで面接にこぎつけると少し自身があったんですよね。  

それに仕事の内容も私の仕事経歴からすごくはずれていないし.....けっこう「もしかすると」と期待しました。 

正直言って最高の候補者ではないけれど、履歴書を送ってみるまでわからないですよね。

翌日さっそく履歴書を送ったさきから電話がありました。 「はいはい、なんでしょうか?」もう期待で胸いっぱい

そこで分かったこと。 わたしが履歴書を送ったこの会社は求人広告を出している会社ではない。 この会社は求人広告を出している会社と契約を結んでいて、送られて来るすべての履歴書に目を通し、そこからこれぞと思われる何人かの候補者をよりすぐり、それらの履歴書を会社に送る、が仕事。

電話でいくつかの質問をされ、「では、あなたの履歴書を会社に提出します。 あちらから面接の連絡が入るかもしれません」と言われ、わたしの胸はいぜんにもまして期待と喜びで、『フッフッ』と笑いたいほど。

しかし、求人の締め切りが過ぎたのに会社から連絡がない.........なぜだ? 

”私は選ばれなかったんだ”と自覚するまで少し時間がかかりました。 そして、始めてとても重大なことに気がついたんです。

それは Cover Letter.  なんと私、うかつにも Cover Letterを履歴書に添付するのを忘れていた! 

アメリカでは履歴書を送る時にはCover Letterの添付は常識。 その常識をうっかり無視した私。 とうぜん面接までこぎつけなかった。 勉強になりました。 次回はきをつけるぞ  

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://dc755.blog65.fc2.com/tb.php/73-84237c03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。